« 早い梅雨入りの影響 | トップページ | 火災保険における水濡れ補償 »

2021年5月22日 (土)

保険期間最長5年迄は決定?

ここ数日連続で、来年から「保険期間最長5年へと短縮・
火災保険料値上げ」が報じられていますが、
現時点ではまだ未確定です。

実際には、届け出提出~提出認可が下りるまで
少なくとも半年はかかると思いますので、
早くても2022年3月頃ではないかと思われます。


2015年10月の大きな改定以降、度重なる保険料の値上げと
築年数での引受規制を設けることで、自然災害増に対する
火災保険の収支改善を行ってきましたが、
ここで保険期間を5年に短縮することは
単純に売上が半分になってしまいます。

そういった状況下なので、保険会社も思い切って
すぐには導入できないのでしょう。


恐らく現時点で値上げの方が先だと反発を買ってしまうので、
まずは保険期間を5年に短縮にし、
その後すぐに大幅な値上げに踏み切るのではないでしょうか。
(数年かけて、今の10年一括保険料が
 5年一括保険料になる程の値上げレベルではないかと・・・)


これまでの業界の流れから考察すると、
1社が踏み切れば立て続けに他社も追従してくるはずです。

※あくまでも個人的な考えです。


この情報につきましては、引き続きアナウンスしていきます。


↓クリックで画像アップ↓

Photo_20210522062601

※今回の記事は、籔井馨博が作成しました。

« 早い梅雨入りの影響 | トップページ | 火災保険における水濡れ補償 »