« 風災による事故について | トップページ | 台風の時に起こりやすい災害 »

2021年7月26日 (月)

リアルタイム被害予測ウェブサイト cmapとは?

弊社取扱保険会社である
「あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 」より
台風・豪雨・地震による被災建物棟数を予測し
一般公開するサイトが発表されました。


すでにメディアでも取り上げられていましたが、
大規模自然災害の発生が常態化している現在において
たくさんの方々に幅広く活用していただくため、
Blog記事としました。


台風は上陸前から(最大7日先まで)、
豪雨・地震による被害が発生した際は被災直後から、
被災建物棟数・被災件数率を市区町村ごとに予測し、
地図上に表示されます。


スマートフォン・パソコン・タブレット端末など
全てのデバイスから、どなたでもご利用いただけます。

※「あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 」の
契約者でなくても利用可能です。

※利用者登録などのお手続きは必要なく、
個人情報の登録なども不要です。


手軽に外出先でも確認可能ですので、
離れた場所にいる家族・友人・知人の災害対策や
災害発生時の情報入手アイテムとして
是非ご活用下さい。


↓P↓D↓F↓添↓付↓記↓事↓で↓す↓

ダウンロード ⇒《cmapアプリ 活用チラシ.pdf》


※今回の記事は【不動産投資と火災保険 公式Blog】と同内容です。
 

« 風災による事故について | トップページ | 台風の時に起こりやすい災害 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。