« 2021年10月 | トップページ

2021年11月26日 (金)

冬の火災について

01_2021112607420102_20211126074201

2021年11月19日 (金)

マンションの火災保険の必要性について

Photo_20211118214401

2021年11月 8日 (月)

地震保険料控除について②

Photo_20211108081401

2021年11月 1日 (月)

火災保険の不正請求に保険会社が本気で動く!?

またもや損害保険業界において大きな動きがありましたので
臨時配信させていただきました。

それは、10月28日に火災保険金請求代行を行った
『リフォーム会社社長及び不動産会社社長ら3人が逮捕』
というものです。


少し前には修理業者と共謀して
“床の経年劣化を漏水による損害である”
と虚偽申告し、保険金を騙し取ったとして
『契約者2名と修理業者1名の逮捕報道』もありました。


近年、修理業者などが飛び込み営業やテレアポで、
「あなたの家は約〇〇○万円の火災保険金が適用される」
火災保険の請求代行を持ちかけ、
“支払われた保険金から成功報酬を得る”というスキームが
全国で横行していました。
そのため、各保険会社は警察や消費生活センターとの
連携を強化して情報収集していた模様です。


各保険会社では、各契約ごとに保険期間中の
“保険金支払い回数・支払い内容・支払い金額”のデータを 
全て保存しており、いつでも照会できる体制が整っています。

また、あまりにも悪質な業者については、
業界でブラックリスト(特定修理業者)を作成し、         
情報共有化して保険金支払いを非常に厳しく対処しています。


今後、事故内容は当然ですが…

・契約者(怪しげな借金などはないか)
・修理業者(逸脱した金額で請求していないか)
・保険代理店(代理店も共謀して請求に関与していないか)

これらのチェックは厳しくなってくると思われます。


今回の事件は、弁護士法72条に違反した『非弁行為』
(弁護士の資格を持たない者が報酬を得る目的で、
 法律事件に関して鑑定・代理・仲裁若しくは和解、
 その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすること)

に当たると判断されたため逮捕とのことですが、
捜査が進むにつれて詐欺事件へと
発展する可能性もあります。


火災保険契約者が不正請求を知った上で業者に加担したという
事実が判明した場合には、“詐欺の共犯者”として
逮捕される事案も今後は増えてくると思われます。 
 

※今回の記事は、籔井 馨博が作成しました。
 

« 2021年10月 | トップページ